2017年6月28日水曜日

伝統、歴史、感謝。

拳友会創設がもう少しで50周年です。
この歴史を全員で守ることは絶対。
全員が総裁から拳の握り方を学んだことを全指導員が忘れないことだ。自分も全国の空手流派の先生方、全国組織の中で沢山学んだが、最近は原点を見直すことを感じる年になった。
誰もが1人では何も出来ない、この仲間、先生、先輩を大切にすること。
我が拳友会は空手歴30年、40年の指導員がゴロゴロいる。何故か!拳友会に対して感謝の気持ちを忘れてないからだ。
これからの選手、これからの道場生よ
感謝の気持ちを忘れるな。

2 件のコメント:

  1. 師範の言葉に感動しました。
    本当に、その通りです。
    拳友会創設、50年‼
    すごいことです‼
    そして、歴史ある拳友会で、空手を指導できることに、感謝の、気持ちでいっぱいです。
    常に、感謝、人間空手、そして、子供達に空手の道を歩かせてあげたいと思います。

    返信削除
  2. 自分も総裁の弟子となり、もう少しで30年となります。
    空手を習い始めた頃を思いだし自分の人生を振り返ると、自然と感謝の言葉が出てきます。
    歴史ある拳友会とともに歩んでいる事に誇りを持って、これからも頑張って行きたいと思います!
    押忍

    返信削除